メニュー

子宮頸がん予防ワクチン

子宮頸がんワクチンとは

子宮の入り口付近、「子宮頸部(しきゅうけいぶ)」にできるがんを、子宮頸がんといいます。子宮頸がんの予防ワクチンを接種することにより、子宮頸がんの原因であるヒトパピローマウイルス(HPV)の感染を防ぎ、子宮頸がんを予防します。

HPVにはいくつかの型があることが知られており、サーバリックスガーダシルは特に子宮頸がんとの関わりが強いと考えられている 16型・18型によるウイルス感染を予防します。ガーダシルはそれに加えて、6型・11型や尖圭コンジローマ、内腫瘍なども予防できます。

接種するワクチンは、サーバリックスガーダシルのどちらを選択することもできますが、ワクチンの種類は接種開始以後、変更することができませんのでご注意ください。
いずれのワクチンも、合計3回の接種が必要です。

現在のすでにHPVの感染がおこってしまっている場合や異形成、子宮頸がんが発症している場合には効果はありません。また、予防接種のため保険適用が無く、現在自費扱いとなっています。

子宮頸がんについて詳細をご覧になりたい方は、以下の子宮頸がん情報サイトをご参照ください。

当院でおこなっている子宮頸がん予防ワクチンの接種について

  サーバリックス ガーダシル
接種料金 1回16,300円の計3回で、48,900円となります。
公費対象者は無料です。
接種回数 半年の間に3
(3回接種しないと抗体が充分につかず、予防効果が期待できません)
1回目→2回目は、1回目の1ヵ月後
2回目→3回目は、1回の6ヶ月後
1回目→2回目は、1回目の2ヵ月後
2回目→3回目は、1回の6ヶ月後
接種対象 10歳以上の女性 9歳以上の女性
予防できる
HPVの型
HPV16型・18型(高リスク型) HPV16型・18型(高リスク型)
HPV6型・11型(低リスク型)
効能・効果 ヒトパピローマウイルス16,18型感染に
起因する以下の疾患の予防
  • 子宮頸癌(扁平上皮細胞癌、腺癌)
  • その前駆病変 子宮頚部上皮内腫瘍
ヒトパピローマウイルス6,11,16,18型感染に
起因する以下の疾患の予防
    • 子宮頸癌(扁平上皮細胞癌、腺癌)
    • その前駆病変 子宮頚部上皮内腫瘍
  • 上皮内腺癌
  • 外陰上皮内腫瘍
  • 膣上皮内腫瘍
  • 尖圭コンジローマ
説明書 説明書〔お子様と保護者の方へ〕
説明書〔成人女性の方へ〕
説明書
予診票 サーバリックス接種予診票 ガーダシル接種予診票
公費
対象者
  • 小学校6年生~高校1年生相当の方
注意事項
  • 今回のワクチンは、治療目的のワクチンではありません。したがって、すでに今感染しているHPVを排除したり、子宮頸部の前がん病変やがん細胞を治す効果はありません。
  • すべての型のHPVの感染を予防するわけでありません。今回のワクチン接種後に16型、18型以外の型のHPVに感染する可能性はあります。
  • 子宮頸がんを完全に防ぐためには、定期的に子宮頸がん検診を受けて早期に発見することが大切です。ワクチン接種後も、定期的に子宮頸がん検診を受けることをお勧めします。

 

子宮頸がん予防ワクチンの公費(無料)接種について

公費対象期間中、横浜市民の方は子宮頸がん予防ワクチンの接種が公費負担(無料)となります。

助成対象は

  • 小学校6年生~高校1年生相当の方

です。

【無料で接種する方法】

下記書類をお持ちの上、ご来院をお願いいたします。

  • 保護者の健康保険証・運転免許証等の住所・氏名が確認できる書類。母子健康手帳をお持ちの場合はあわせて持参してください。
  • すでにワクチン接種を受けている場合は、接種済みの証明書(予診票の控え等)
  • 保護者が同伴しない場合は、保護者の同意書
    予診票(PDF)の「本人(未成年の場合はその保護者)記入欄」へ保護者署名することで代用可能です。
▲ ページのトップに戻る

Close

HOME