メニュー

お知らせ

2020年インフルエンザ予防接種について [2020.09.25更新]

2020年9月25日より今年度インフルエンザ予防接種の予約を開始いたしました。接種開始は、10月2日(金)からとなります。

料金については、1回目2回目共に¥3.600(税抜)となります。

なお、今年度に限り、横浜市在住の高齢者(65歳以上)の方は、自己負担金はありません。

予約サイトよりご予約をお願いします。また、オンライン問診もご利用ください。

[新型コロナウィルスの検査について] [2020.09.08更新]

当院では通常診療と分離された区画で、無症状の方の自費でのPCR検査( 25000円 税別 [9/1改訂] 日曜を除く)や迅速抗原検査(12000円 税別 [9/1改訂])、抗体検査を行っています。無症状者は基本的に自費検査の対象です。また発熱37℃以上は有症状と考えてください。予約時には以下の項目をお知らせください。①コロナ感染者との接触の有無 ②症状の有無 ③帰国者・接触者相談センターからの指示(有症状者)

有症状者・濃厚接触者は、コロナ感染の可能性が高いと判定されますので、発熱外来として受診し保険で検査を行うようになります(3割負担で自己負担2000円)。この場合は公共の交通機関の利用やコンビニ・エレベーターの利用も避けてください。混在を避けて受診してもらうように計画しますので、あらかじめ電話でお申し出ください。なお、唾液検査を行う場合は施行30分くらい前までに十分水分補給をしていただいておいた方が検査がスムーズにいきますのでご協力ください。

PCR検査では2日後、抗原検査は1時間後となります(目安)。無症状者の自費検査の陰性証明書は500円 税別(英文も可)で発行しますので、別途お申し付けください。

院長記載

[COVID-19感染蔓延対策としての電話再診運用について] [2020.08.31更新]

COVID-19対策として電話で再診も可能となっています。500円 税別[9/1改訂]の手数料を別途いただいております。ご利用の際には利用する薬局の名称と電話・FAX番号、お薬の受け取り方法、支払い方法をお知らせください。支払いは銀行振込も可能です(当月末締め)。
オンライン予約で電話再診を予約する場合には、「電話のみ対応希望」をご選択ください。
ビデオ通話による診療を希望される方は、「クロン」にて対応可能です。詳細はオンライン診療のページをご覧ください。

院長記載

[新型コロナウィルスへの対応について] [2020.07.13更新]

活動を制限されざるを得ないような中等症以上の症状が持続していたり、コロナウイルスの患者さんと濃厚な接触があった方は、直接下記相談センターへ電話で相談し、指示を受けることになっています。

新型コロナウイルス感染症
帰国者・接触者相談センター
電話:045-664-7761
対応時間:午前9時~午後9時(土日祝日を含む)

軽症・無症状の感染者が増えてきており、警戒が促されています。疑いのある軽症者は現状、10日間の自宅待機の方が望ましく、陰性を完全に保証することができない以上、安易な医療機関受診を避けることも選択肢の一つであることをご理解ください。

院長記載

[発熱・咳嗽外来設置について] [2020.06.10更新]

当院では午前・午後の診療帯の最後の1時間(通常診療を行っている場合は原則AM11:30~PM12:30、PM6:00~7:00)をあてて、発熱・咳嗽外来として、別室で診療を行っています。ご利用の際には、院内トリアージ実施料(保険点数300点、自己負担1000円程度)が別個に算定されますのでご了解ください。コロナ以外の急性疾患をきちんと診療できる医療機関も限られているようですのでご利用ください。現在コロナにかかっている方や、該当者との濃厚接触がある方はまだ対象外としていますが、PCR検査はドライブスルー方式で戸塚区医師会でも土曜日に行っており、必要に応じて予約をとらせていただきます。通常の診療も希望があればこの時間帯にも診療室で行いますが、上記のように対応していますことをご留意ください。
院長記載

[風疹抗体価測定事業について] [2020.04.21更新]

昨年より風疹の流行を防ぐことを目的として、国の風疹抗体価測定事業が横浜市の事業と並行して行われています。対象は本年で41歳から58歳相当の男性であり、昨年クーポンが送られてきていない方も本年は直接クーポン券が送付されていることと思います。持参された方には、まず抗体価測定を行い、抗体が十分でない方に続けて麻疹・風疹ワクチンの接種を行うようになっています。横浜市の行っている妊娠の可能性のある女性と妊婦もしくは妊娠可能な女性のパートナーの男性に行っている風疹抗体価測定~ワクチン接種事業も並行して行われており、本事業は30~40歳の男性が流行の感染源となってしまっていることへの対策として開始されたものです。ワクチンは例年不足になることも多いようですので、ご注意ください(要予約)。

院長記載

[診療体制について] [2020.03.09更新]

● 令和2年3月現在、火曜日の午後と、第1・3・5週の土曜日の午後の診療は中田医師が担当し、漢方薬の相談も行っています。
● 9月から対応していた在宅部門は、おかげさまをもちまして担当の竹田医師が「みどり在宅クリニック」<https://midoricl.jp>として独立し、別個に開業なさいましたので、当院の在宅部門としてはまた院長が可能な範囲で行うという元の体制に戻します。当院でも継続して訪問診療は対応しますが、本格的な在宅の相談については「みどり在宅クリニック」にご相談くださればと思います。なお、竹田医師は水曜日午前の2診を担当しておりましたが、3月からは第2・4週の日曜日の2診として継続勤務としておりますので、在宅への移行の相談等はひきつづき、こちらでも対応可能です。
● また3月からは、金曜日の2診として櫻井医師(女性医師)が2診担当となっていますので、ご承知ください。
開業10年を迎え新体制となり、少しでも外来混雑の緩和に役立てばと思っております。
院長記載

診療日程

日曜日の午後と木曜日が休診です。その他の休診等についてはこちらの公開googleカレンダーをご覧ください。
予定リスト表示にいたしますと、詳細が分かりますのでご利用ください。

おもな検査内容

おもな診療内容

診療時間

診療時間
9:00~12:30
15:00~19:00

休診日:木曜、日曜午後、祝日

提携医療機関

当クリニックは、大学病院や基幹病院(国立病院機構横浜医療センター横浜市立市民病院東戸塚記念病院戸塚共立第1病院戸塚共立第2病院西横浜国際総合病院平成横浜病院ふれあい東戸塚ホスピタル湘南鎌倉総合病院市民総合医療センター聖隷横浜病院国際親善総合病院東京慈恵会医科大学附属病院大船中央病院等)と診療連携を結んでいますので、入院や精密検査が必要な際には、適切なタイミングでの紹介が可能です。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME