メニュー

meinimg03

meinimgsp

お知らせ

GW中の対応について [2019.03.09更新]

今年は4月27日(土)~5月6日(月)の10連休が予定されており、医療機関の対応が問題となっています。当院では通常日曜日は診療を行うようにしていますので、4月28日(日)と5月5日(日)の午前中は診療を行っています。また4月27日は通常の土曜日ですので本来は診療日なのですが、この日は内科学会があり休診とさせていただきます。連休中、検査会社は業務を行わないということですので、当院でも採血は行いませんのでご了承ください。なお、休診中の簡単な急病対応については戸塚区休日診療所もご利用ください(院長も当番に入っています)。

[院長記載]
院長より [2019.03.04更新]

花粉症が始まっています。昨年は少ないようでしたが、今年は2年ぶりに受診される方も多いようです。点眼・点鼻薬も処方可能ですのでご利用ください。この季節は咳喘息も多くなります。咳が続いている方も併せてご相談ください。

 

[日本学校保健会事業報告会」出席報告…2月21日(木)]

市医師会理事として私は学校医を担当していますが、これに関連して日本学校保健会事業報告会に参加してきました。「学校における心肺蘇生(AED)支援委員会」と、「自信をもって取り組める医薬品の教育改訂委員会」の報告を聞いてきましたが、学校保健会では他にも、メディアリテラシーと子どもの健康調査委員会報告書改訂委員会等がもたれています。AED委員会では、各校にAED設置が進められており(設置率 77.1%)、学校における突然死の抑制に役立っていること。2012〜16の5年間に学校管理下でAEDのパッド貼付を行なったケースは728名(うち児童生徒485名)、ショックボタンを押すに至ったケースは250名(うち児童生徒147名)で、それぞれ全学校の2.6%、1.0%で発生。ショックボタンを押して蘇生された児童生徒の67.3%が後遺症を残さず救命されていることなどが報告されました。小学校高学年における児童生徒への心肺蘇生とAED設置の指導実施もすでに取り組みが進められているとのことで、是非今後横浜市でも取り組みが進められるように尽力したいと考えています。

 

2019/3/4 院長記載

2018/2019シーズンのインフルエンザ予防接種について [2019.02.09更新]

2018/2019シーズンのインフルエンザ予防接種受付は終了とさせて頂きました。

2019/2/9 事務記載

中田佳延医師の漢方外来について [2018.09.13更新]

 8月から東海大学で漢方医学の講師をしている中田佳延医師が、火曜日の午後と土曜日(奇数週)の午後の診療を担当しています。漢方医学を試してみたいという方は是非ご相談ください。中田佳延医師は内科・循環器内科医として漢方医学を離れた通常の医療もしっかり行っております。

2018/9/13 院長記載

診療日程

休診等についてはこちらの公開googleカレンダーをご覧ください。
予定リスト表示にいたしますと、詳細が分かりますのでご利用ください。

おもな検査内容

おもな診療内容

診療時間

診療時間
9:00~12:30
15:00~19:00

休診日:木曜、日曜午後、祝日

提携医療機関

当クリニックは、大学病院や基幹病院(大船中央病院国際親善総合病院国立病院機構横浜医療センター湘南鎌倉総合病院市民総合医療センター聖隷横浜病院東京慈恵会医科大学附属病院戸塚共立第1病院戸塚共立第2病院東戸塚記念病院西横浜国際総合病院日立横浜病院ふれあい東戸塚ホスピタル横浜市立市民病院横浜総合医療センター等)と診療連携を結んでいますので、入院や精密検査が必要な際には、適切なタイミングでの紹介が可能です。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME