メニュー

お知らせ

在宅部門業務開始について [2019.08.24更新]

いままでも細々と対応はしておりましたが、9月より在宅診療部門を開始します。詳細はまだつめているところですが、ご希望のある方はご相談ください。

院長記載

[関東甲信越静学校医協議会報告] [2019.08.24更新]

8月2日(金)に新潟市で関東甲信越静学校医協議会に行ってまいりました。金曜日を休みにして出席しようという医師がいなくて医師の出席は振るわなかったようですが、なかなか面白い話も聞けましたので報告しておきます。

「児童生徒の精神的健康と自殺予防」として児童における精神疾患の発症予防と早期発見の重要性についてお話しがありましたが、これは私も市医師会の学校医担当として取り組んでいかないといけない重要な問題と考えています。今年は11月14日(木)に毎年区内で行っている「在宅におけるチーム医療を担う人材育成研修」として「精神疾患を抱える方への支援について」というテーマで講演を予定しています。京アニの事件やら、あおり運転やらで、被害者意識が強く情緒不安定な人が時として強い攻撃性を発揮してしまう不幸な事件が報道されることが多く、皆さんも注目している話題なのではないかと思います。一方では大多数の人達は内にこもってしまっていて、危険はないのが普通なので、きちんと理解して支援を行う必要があるように思います。

また、予防接種を受けたがらない人(vaccine hesitancy)の増加により世界各地で流行発生が問題となっているとのことでした。あと、歯が欠けてしまったら、もうつけることはできないと思っていましたが、牛乳につけてしまえば24時間保存可能で、うまくすれば利用して再生させることができるそうです。いやあ、知りませんでした!

院長記載

6月からの風疹抗体価測定事業開始について [2019.04.19更新]

6月から風疹の流行を防ぐことを目的として、国の風疹抗体価測定事業が開始します。対象は39歳から56歳相当の男性で、46歳以下の方には直接クーポン券が送付されることになっています。これを持参された方には、まずは抗体価測定を行い、抗体が十分でない方には続けて麻疹・風疹ワクチンの接種を行うというものです。横浜市の行っている妊娠の可能性のある女性と妊婦もしくは妊娠可能な女性のパートナーの男性に行っている風疹抗体価測定~ワクチン接種事業も継続され、並行して行われますが、本事業は30~40歳の男性が流行の感染源となってしまっていることへの対策として開始されたものですので、積極的にご利用ください。ワクチンは例年不足になることも多いようですので、ご注意ください(要予約)。

立川記載

中田佳延医師の漢方外来について [2018.09.13更新]

 8月から東海大学で漢方医学の講師をしている中田佳延医師が、火曜日の午後と土曜日(奇数週)の午後の診療を担当しています。漢方医学を試してみたいという方は是非ご相談ください。中田佳延医師は内科・循環器内科医として漢方医学を離れた通常の医療もしっかり行っております。

2018/9/13 院長記載

診療日程

休診等についてはこちらの公開googleカレンダーをご覧ください。
予定リスト表示にいたしますと、詳細が分かりますのでご利用ください。

おもな検査内容

おもな診療内容

診療時間

診療時間
9:00~12:30
15:00~19:00

休診日:木曜、日曜午後、祝日

提携医療機関

当クリニックは、大学病院や基幹病院(大船中央病院国際親善総合病院国立病院機構横浜医療センター湘南鎌倉総合病院市民総合医療センター聖隷横浜病院東京慈恵会医科大学附属病院戸塚共立第1病院戸塚共立第2病院東戸塚記念病院西横浜国際総合病院日立横浜病院ふれあい東戸塚ホスピタル横浜市立市民病院横浜総合医療センター等)と診療連携を結んでいますので、入院や精密検査が必要な際には、適切なタイミングでの紹介が可能です。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME