メニュー

お知らせ

[特定健診再開について] [2020.05.27更新]

4月7日に発布されていた非常事態宣言が神奈川県でも5月25日をもって解除されました。これに伴い、5月26日より特定健診が再開されています。ご希望の方はご利用ください。
院長

[COVID-19感染蔓延対策としての電話再診運用について] [2020.05.11更新]

COVID-19の感染蔓延と、これに伴う重症例の発生を防止していくうえで、医療機関に来院されることもリスクになってしまうことが指摘されています。当院でも希望者には電話で状況をお伺いしたうえで処方箋を発行~FAX・郵送で薬局に送付し、薬剤を直接薬局でもしくは配送サービスで受け取れるように手配しています。処方箋原本は直接薬局(もしくは本人)に郵送となります。電話受診の際に利用する薬局の名称と電話・FAX番号をお知らせいただき、あわせてお薬の受け取り方法をご指定ください。
状況が長引いておりますので取り扱いを変更し、自己負担分の支払いは請求書をお送りますので、電話で受診された月の月末までに、指定の銀行口座にお振り込みいただけますようお願いいたします。振り込み確認後、領収証を改めてお送りします。翌月に外来に受診される方については、その際お支払いいただければ結構です。各種郵送の手間が発生するため、300円(税込み)の手数料を別途いただくことにしましたのでご了承ください(5月10日より)。
また、オンライン予約を利用して、電話受診を予約する際には、「電話のみ対応希望」をご選択ください。
オンライン診療のシステムを利用してビデオ通話による診療も対応可能となっています。スマホに「クロン」のアプリをダウンロードし、ご自分の情報とクレジットカードの登録に続けて、当院の登録(医療機関コード:84d9)を行ってください。こちらを利用すれば、請求書送付なしで、決済も終了させることが可能です。追加手数料はクロンのアプリ運営会社に対して1回の診察で330円(税込み)・クリニックに1000円(税込み)となっていますが、電話再診扱いとする方ではクリニックの手数料は300円(税込み)となります。初診の電話対応はクロンを通じた診療のみ受けておりますのでよろしくお願いします。

院長記載

[風疹抗体価測定事業について] [2020.04.21更新]

昨年より風疹の流行を防ぐことを目的として、国の風疹抗体価測定事業が横浜市の事業と並行して行われています。対象は本年で41歳から58歳相当の男性であり、昨年クーポンが送られてきていない方も本年は直接クーポン券が送付されていることと思います。持参された方には、まず抗体価測定を行い、抗体が十分でない方に続けて麻疹・風疹ワクチンの接種を行うようになっています。横浜市の行っている妊娠の可能性のある女性と妊婦もしくは妊娠可能な女性のパートナーの男性に行っている風疹抗体価測定~ワクチン接種事業も並行して行われており、本事業は30~40歳の男性が流行の感染源となってしまっていることへの対策として開始されたものです。ワクチンは例年不足になることも多いようですので、ご注意ください(要予約)。

院長記載

[発熱・咳嗽外来設置と院内トリアージ実施料算定について] [2020.04.10更新]

新型コロナウィルスは流行が拡大し、無症状の人が多数存在し、一定の頻度で重症化する危険があることが問題となっています。感染拡大のリスクを最小にし、かつ一般の慢性疾患の方が適切に医療を受けられる状態を維持し、コロナ以外の発熱・咳嗽の患者さんが適切に治療を受けてこじらせずに治していくことが重要です。当院では3月21日より時間を制限して、発熱・咳嗽外来を行っていますが、物品と体制整備を支えるため、4月10日より院内トリアージ実施料として保険点数にして300点(自己負担として1000円程度)を別個に算定させていただくことにしました。これは国内通達により算定を推奨されているものです。午前・午後の診療帯の最後の1時間(通常診療を行っている場合は原則AM11:30~PM12:30、PM6:00~7:00)をあてて、発熱・咳嗽外来として、別室で診療を行いますので、希望のある方はご利用ください。通常の診療も希望があればこの時間帯にも診療室で行いますが、上記のように対応していますことをご留意ください。現在コロナにかかっている方や、該当者との濃厚接触がある方はまだ対象外としていますのでよろしくお願いします。
院長記載

[新型コロナウィルスへの対応について] [2020.04.06更新]

実際に相談しなくてはならないレベルの症状が持続し、コロナウイルスの患者さんと濃厚な接触があったと考えらえる方は、直接下記相談センターへ電話で相談し、指示を受けることになっています。

新型コロナウイルス感染症
帰国者・接触者相談センター
電話:045-664-7761
対応時間:午前9時~午後9時(土日祝日を含む)

すでに、感染者数は増大し、市内医療機関では重症者しか受けることができない状況になってきているようです。疑いのある軽症者は現状、自宅待機の方が望ましくなってきており、感染者が集中する可能性のある医療機関受診は避けることも選択肢の一つであることをご理解ください。

院長記載

[診療体制について] [2020.03.09更新]

● 令和2年3月現在、火曜日の午後と、第1・3・5週の土曜日の午後の診療は中田医師が担当し、漢方薬の相談も行っています。
● 9月から対応していた在宅部門は、おかげさまをもちまして担当の竹田医師が「みどり在宅クリニック」<https://midoricl.jp>として独立し、別個に開業なさいましたので、当院の在宅部門としてはまた院長が可能な範囲で行うという元の体制に戻します。当院でも継続して訪問診療は対応しますが、本格的な在宅の相談については「みどり在宅クリニック」にご相談くださればと思います。なお、竹田医師は水曜日午前の2診を担当しておりましたが、3月からは第2・4週の日曜日の2診として継続勤務としておりますので、在宅への移行の相談等はひきつづき、こちらでも対応可能です。
● また3月からは、金曜日の2診として櫻井医師(女性医師)が2診担当となっていますので、ご承知ください。
開業10年を迎え新体制となり、少しでも外来混雑の緩和に役立てばと思っております。
院長記載

診療日程

日曜日の午後と木曜日が休診です。その他の休診等についてはこちらの公開googleカレンダーをご覧ください。
予定リスト表示にいたしますと、詳細が分かりますのでご利用ください。

おもな検査内容

おもな診療内容

診療時間

診療時間
9:00~12:30
15:00~19:00

休診日:木曜、日曜午後、祝日

提携医療機関

当クリニックは、大学病院や基幹病院(大船中央病院国際親善総合病院国立病院機構横浜医療センター湘南鎌倉総合病院市民総合医療センター聖隷横浜病院東京慈恵会医科大学附属病院戸塚共立第1病院戸塚共立第2病院東戸塚記念病院西横浜国際総合病院日立横浜病院ふれあい東戸塚ホスピタル横浜市立市民病院横浜総合医療センター等)と診療連携を結んでいますので、入院や精密検査が必要な際には、適切なタイミングでの紹介が可能です。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME